自力二重の方法

【ふたえにする方法】おすすめはどれ!?自力と整形どちらも経験した男の本音。

  1. HOME >
  2. 自力二重の方法 >

【ふたえにする方法】おすすめはどれ!?自力と整形どちらも経験した男の本音。

 

天の声

一重にさえ生まれてこなければこんなに悩むこともなかったのに…

天の声

自分の目が嫌すぎる。生まれ変わって二重になりたい…

 

あなたのその気持ち。

120%理解してあげられます。

 

思いかえせば私が一重まぶたで悩んだ回数は数えきれません。

もしかして宇宙の星の数と同じ回数悩んだかも…

 

そんな私が二重にしたい人へ贈る言葉は以下の通りです。

 

  • 二重にしたくて少し貯金がある人・・整形手術をしちゃいましょう!
  • 二重にしたくてお金が全然ない人・・自力で二重を作りましょう!

 

シンプルにこのどちらかです。

 

私はこれまでに『自力二重』も『二重整形』も経験しているので、どちらもかなり詳しく話せます。

 

自力二重のやり方や疑問については他の記事でもお話していますが、今回はその総復習及び、これまであまり話して来なかった『二重整形』の体験談についてもお話ししていきます。

 

出来れば最後までお付き合いいただき、あなたにあった『ふたえにする方法』を選択してみてください!

 

この記事を書いた人

  • 現在30代後半の男。このブログの管理人
  • 18歳の時に自力二重デビュー
  • 20歳で二重にプチ整形
  • その後は自力で二重の幅を広げ定着させることに成功

この記事で分かること

  • 自力で二重にする方法についてのあれこれが総合的に分かる
  • 自力で二重にした管理人の生の声が聴ける
  • 二重整形についてのあれこれが総合的に分かる
  • 二重整形した管理人の生の声が聴ける

 

二重にする方法

冒頭で申し上げた通り、我々『一重まぶた』が『二重まぶた』になるためには、二重のり等のアイテムを効果的に使用し自力で二重にしていく方法と、お金を払い一発で二重にする整形という方法の2種類があります。

 

それぞれについて、私の体験談を元にメリット・デメリット等を踏まえてお話ししていきます。

 

二重の種類

本題に入る前に『二重の種類』について知っておく必要があります。

なぜなら、どちらの種類の二重まぶたになりたいかでベストな方法が変わってくるからです。

 

二重まぶたには2種類あり・・

 

  • 末広二重
  • 平行二重

 

となります。

 

分かりやすいように、私の目で「末広二重」と「平行二重」を再現してみると・・

 

末広二重

平行二重

 

 

このようになります。

 

末広二重が目尻に向かって広がるように二重ができるのに対し、平行二重は目頭と目尻が同じ幅の二重ができるイメージです。

 

ネットに毒された犬

15年以上も二重を研究し続けてるから、自由自在に参考画像を撮影できるんですね。汗

オッサン

自分でも引くレベルの手さばきです。

 

【自力】二重を作る方法

基本的に自力二重は『末広二重』を作るのに適しています。

逆に言えば、『平行二重』を自力で作っていくとなると、かなりの年月が必要です。

 

この辺りについては後ほど詳しくお話ししていきますので、まずは自力で二重を作っていく際の二重アイテムを簡単に見ていきましょう。

 

タイプ 商品例 特徴
接着タイプ アイプチ 一重のまぶたを強制的に折り込み、その接着部分をノリでくっつける
テープタイプ アイテープ 一重のまぶたを強制的に折り込み、その接着部分をテープでくっつける
ファイバータイプ メザイク 接着性のあるファイバー糸を使い、強制的に二重の線を作る
非接着タイプ ローヤルアイム まぶたの折り込み部分をを接着させることなく二重を作る

 

↑市販されている自力二重アイテムを分類すると、このようになります。

 

『30代男のアイプチを許せる?2つの強力な自力二重アイテムも紹介!(女性も使える)』←こちらの記事でもお話していますが、ここでも簡単に特徴をおさらいしていきましょう。

 

アイプチ

自力二重アイテムの元祖。

専用の液体のりでまぶたを接着し強制的に二重を形成する商品。

 

今では『二重にするアイテム=アイプチ』という認識が広まっていますが、元々アイプチとは二重のりの商品名のことです。

このアイプチがあまりにも有名になりすぎて、『アイプチ』と聞くと「あ~二重にするアイテムのことね。」という認識となっています。

 

アイテープ

アイプチのテープ版。

専用のテープでまぶたを接着し強制的に二重を形成する商品。

 

メザイク

特殊なファイバー糸を二重の線を付けたい場所に押し込み強制的に二重を形成する商品。

メザイクとは商品名ですが、私の知る限りファイバータイプで有名な商品はこのメザイクだけではないでしょうか。

 

ローヤルアイム

非接着型の自力二重アイテムとして画期的な商品。

専用の液体を塗った部分を乾かすと、その部分が固まり若干へこみます。するとまぶたの折り返しがスムーズになり目を開くだけで自然な二重が形成されます。

 

絆創膏

どの家庭にも必ずといっていいほどストックされている絆創膏。

これを切ってまぶたに貼ることで、お手製の非接着型の二重アイテムが完成します。

 

『絆創膏で二重定着が可能な理由。注意すべきデメリットも!』←詳しいやり方などについては、こちらの記事でお話しています。

 

ヘアピン

女性がいる家庭であればまず置いてあるヘアピン。

これを使って効果的に癖付けすることで、二重の線を濃くしていきます。

 

『【二重術】ヘアピンで効果的に癖付けする方法!期間と注意点も伝授』←詳しいやり方などについては、こちらの記事でお話しています。

 

注意点

自力で二重を定着させるには、とにかく時間がかかります。

そしてネットで二重になれる方法を検索しまくることでしょう。

 

オッサン

と言ってる私がそうでした。

これはもはや人間の性と言えるでしょう。

 

ネット上によく出てくる自力二重のための方法はおおかた決まっています。

それら手法について、私の経験から注意点をお伝えしておきます。

 

マッサージだけでは二重にはならない

天の声

むくみを取ってパッチリ二重♪

天の声

リンパを流してくっきり二重♪

 

こちらはネットでよく見かける手法です。

 

基本的に一重まぶたがむくみを取ったからといって徐々に二重になっていくことがありません。リンパの流れをよくするのも同じです。

私も一時期やっていたことがありますが、ただただ皮膚にダメージを与えるというデメリットしかなかったです。

 

ただし、『遺伝的に二重になる可能性があるまぶた』というものが存在します。

その場合は、もしかすると微量ですが可能性があります。

 

『二重になる人の特徴(二重になりやすい目)』←詳しくは、こちらの記事でお話していますので、よければ参考にしてみてください。

 

短期間で二重をつくるには

これから自力で二重を作ろうとしているあなた。

もうすでに色々試して二重を定着させようとしているあなた。

 

そんなあなたが一番気になっているのは、

 

  • どのくらいの期間で二重は定着するのだろうか?
  • 出来るだけ早く二重を定着させる方法はあるのだろうか?

 

という2点だと思います。

 

ネットに毒された犬

さっきから人が思っているだろうことを決め打ちして話してるけど、それ本当に合ってるんですかね^^;

オッサン

今のあなたは過去の私だ!

という気持ちをモットーにお話させて頂いております!

ネットに毒された犬

ほへぇー

 

私の辿ってきた経緯は、『二重が自力で完成するまでの期間は〇〇!成功者が実践記録を語る。』←こちらで詳しく語っているので見て頂きたいですが、私の失敗談も含めた上で精査すると、短期間での二重定着方法は以下のようになります。

 

段階 やる事 目的 達成期間
第一段階 昼間はアイプチやアイテープ等で二重を接着した状態をキープ。寝る時は剥がれないよう強力に二重を接着させ寝る。(※これを毎日ループ) まずは何もない一重まぶたに二重の線を作りだす。 開始から3ヶ月
第二段階 引き続き、昼間はアイプチやアイテープ等で二重を接着した状態をキープ。夜は暇さえあればヘアピンなどで二重の線をなぞり続ける。(※就寝中の接着は終了) アイプチやアイテープ等しなくても、二重状態でい続けられるようにする。 開始から6ヶ月
第三段階 非接着タイプのローヤルアイムを使い、二重幅を広げた状態で二重をキープ。(※就寝中もローヤルアイムはつけたまま) ローヤルアイムをつけていれば二重幅を広げた状態でいられるようにする。 開始から2年
第四段階 非接着タイプのローヤルアイムを終了し、気づいたときに目力をいれたり等のまぶたの筋トレをし続ける。 二重アイテムを全く使用せず常時二重でい続けられるようにする。※理想の二重の完成 開始から3年
第五段階 いついかなる時も暇があれば、まぶたを指で上から押さえつけたり、目力を入れる筋トレをし続ける。 自分で作った二重の線が薄くなっていかないようにようにする。 半永久的に

 

私がもし遠回りをせず、今の知識で一重から二重まぶたにするとしたら、こんな感じで進んでいく事と思われます。

もちろん個人差があり、他にやり方があるでしょうが、少なくとも私の経験則からいくと、私のノウハウを凝縮してもこれぐらいの期間はかかるでしょう。

 

ネットに毒された犬

第五段階の『半永久的に』というのが気になりますね…

オッサン

残念ですが自力二重は外科的にいじるやり方ではないので、気を抜き続ければ二重の線は薄くなっていく傾向があります。

これは私自身が身に染みて感じていることです。

 

【整形】二重を作る方法

自力二重の達成期間や達成後の経過までご覧いただきましたが、ハッキリ言ってしまうと結局のところ、”外科的手術”には到底敵わない手段です。

 

私は自力二重以外に整形も経験してますが、やはり整形の方がおすすめです。

一応、ここでもう少し詳しく自力二重を作ったのに整形した経緯をお話しておきます。

 

①自力で二重が完成し、二重アイテムを何もつけてなくても常時二重でいられるようになる

②でもう少し二重の幅を広げたいと思い始める

③美容クリニックへいき二重手術(埋没法)をする

④整形後は目力をいれたりまぶたの筋トレをしたり等せず、全く何も気にせず生きていけるようになる

⑤ただ、自力で作った二重と整形しダウンタイムが終わって腫れが完全に落ち着いた時の二重がほとんど同じだったので、再び幅を広げたいという気持ちが燃え上がり始める(※美容クリニックのカウンセリング時に恥ずかしくて自分のしたい二重の幅を伝えていなかったのが原因…)

⑥再び同じ美容クリニックへいき、今度はしっかり『二重の幅を広げたい!』旨を伝える

⑦『ご希望の幅だと目頭切開の手術になるし、今の方が一番自然だと思いますよ。』と先生からアドバイスを受ける

⑧『たしかにそうかも。そして目頭切開までしたら流石に元の顔と変わりすぎちゃうよな…』と思い再度の整形はしないことにする

⑨代わりに、自力で二重の幅を広げてみようと試みる

⑩自力で二重の幅を広げることに成功し今に至る

 

ネットに毒された犬

若干なげーな。

でも経緯が掴めました!

 

ということで、私が受けた二重手術は『埋没法』で、迷った結果受けなかった二重手術が『目頭切開』です。

 

それぞれどんな特徴があるのが簡単にご紹介します。

 

埋没法

二重プチ整形のスタンダードといえばこの埋没法。

超極細の医療用糸でまぶたを縫い上げることで、人工的にふたえまぶたを作り上げます。

日本人にもっとも多い『末広二重』にしたい場合におすすめ。

 


(末広二重)

 

目頭切開

プチではなく完全なる整形の部類に入るのがこの目頭切開。

目頭にある蒙古襞を切除した後に縫い上げることで、人工的に二重まぶたを作り上げます。

目を最大限に大きくし、『平行二重』にしたい場合におすすめ。

 


(平行二重)

 

【選択基準】自力二重か?整形二重か?

天の声

お金がないから自力で二重を作るしかない。

 

こうした声を見かけることがありますが、こちらは合ってるようで間違っている考えです。

 

プチ整形である埋没法であれば、クリニックによっては両目を二重にしても3万円ほどで出来てしまいます。

人によって3万円を安いと感じるか高いと感じるかはそれぞれですが、確実に言えるのは最終的には3万円で整形した方が安く済むということです。

 

私の経験則を元にその費用対効果を表にしてみましょう・・

(※アイプチ=1本千円で計算。ローヤルアイム=1本三千円で計算。)

 

方法 使うモノ 費用 期間
自力 ・アイプチ
・ローヤルアイム
合計5万円~
(アイプチ×20本=2万円)
(ローヤルアイム×10本=3万円)
1095日
(※3年)
整形(埋没法) ・なし 合計3万円~ 1日
整形(目頭切開) ・なし 合計8万円~ 1日

 

先程ご紹介した表を元に、簡易的に算出してみました。

 

費用をご覧いただきたいのですが、二重アイテムは消耗品です。

ひとつ一つは低価格なので感覚的には自力で二重を完成させた方が費用がかからないイメージですが、膨大な期間を要するのでトータル的にコストがかさみます。

したがって、手軽な埋没法で整形した方が結果的にコストを抑えられるわけです。

 

ネットに毒された犬

なるほどー。

といっても、ほんの数万円の差ですね。

これなら費用的にはどっちでも良いような気がします。

 

私が一番着目しているのは、理想の二重が完成するまでの『期間』です。

 

私の経験ベースでいくと、理想の二重が完成してきたなと感じ始めたのが、自力で二重を作り始めてから丸3年。1年が365日なので単純計算すると、1095日という膨大な年月を費やしました。

 

この1095日の過程では、

  • 目が炎症して腫れたり・・
  • まぶたがかゆくなったり・・
  • 体調の変化でうまく二重がつくれなかったり・・

それはそれは数えきれないほどの嫌な出来事がありました。。

 

当時の私のように、この”苦行”を乗り越えられる自信がある場合は自力で二重を作るのも良いと思います。

ただし、時間は有限です…

 

この苦行の1095日の中には、好きな事や面白そうなことがあっても、まぶたのことを気にしてしまい心から楽しめない自分がいることは確実です。私がそうでしたので。

 

整形であれば、これらの苦行を通ることなく、たった1日でその後は何も気にしなくていい人生を送れます。

 

ネットに毒された犬

人間いつ死ぬかわからないですからね。

1日でも多く幸せや楽しさを感じることが人生の醍醐味といえるでしょう。

 

二重まぶたの方法を気にしない人生になれば、今後ネットで二重について検索する莫大な時間を他の趣味や新しいことに使えます。

そしてメンタル的にもコンプレックスが消えるので明るくポジティブに生きることができます。

 

整形推奨派の私としては、こうした人生をいち早く手に入れることができる術を選択しない理由はないと思っています^^

 

整形するなら埋没法か?目頭切開か?への回答

私自身は埋没法しか経験していないので何とも言い難いところですが、自力で蒙古襞を取り平行二重にするまでには、一重から二重にするまでの期間とは比較にならない期間を要しました。

 

この経験から察するに、最終的に『平行二重』になりたい場合は目頭切開の整形をしてしまうことをおすすめします。

 

そして、他の記事でもお話ししておりますが、自力二重は結局のところ自力でしかありません。

平行二重に出来たといっても、その線の濃さは薄いです…

 

目頭切開であれば外科的手術で切り込みを入れるので、自力で作る線には比べ物にならない線の濃さを手に入れることができます。

 

ネットに毒された犬

要するに理想のパッチリ二重を手にすることができるのですね‼

 

一方で、とりあえず二重になれればなんでもいい!

という場合は埋没法をおすすめします。

 

埋没法であれば、もし気に入らなかった時に「糸」を取ってもらうことができるので、手術前の顔に戻すことがいつでもできます。

 

ネットに毒された犬

3万円で二重になれて、気に入らなければリセットできるのは安心感がありますね‼

 

いづれにしても、もし少しでも二重整形に興味が出てきた場合は、ほとんどの美容クリニックで無料カウンセリングが受けられるので、一度プロの先生に相談することが一番の近道です^^

 

↓↓実際に私が二重整形した時のクリニック体験談をお話してます↓↓

 

【二重整形体験談】

整形を決意。

クリニックの予約。

整形後のダウンタイム。

二重整形にまつわる一連の流れを実体験からお話しているので、是非とも参考にして頂けるればうれしいです^^

 

-自力二重の方法

Copyright© 婚活アプリで結婚した男(二重整形経験あり)のブログ , 2021 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.